ソフトウェア開発メモ

日々のソフトウェア設計、実装で考えている、気づいた事を書いています。それが真実か否かは保証しません。悪しからず。

Designing Concurrent, Distributed, and Real-Time Applications with UML のオブジェクト構成基準

Designing Concurrent, Distributed, and Real-Time Applications with UML (Addison-Wesley Object Technology Series)

のオブジェクト構成基準です。オブジェクトデザインステレオロールタイプとは違います。組み込み向けですが、他の分野でも参考になるでしょう。

インタフェースオブジェクト

ここでいうインタフェースはステレオロールタイプのインタフェースとは違い、外部環境との接続をさしています。

  • デバイスインタフェースオブジェクト
  • ユーザーインタフェースオブジェクト
  • システムユーザーインタフェースオブジェクト

外部環境(サーバー)とのインタフェースになります。

エンティティオブジェクト

コントロールオブジェクト

  • コーディネータオブジェクト
  • ステートマシンオブジェクト 責務駆動設計のステレオロールタイプでいう制御役っぽいです。
  • タイマーオブジェクト

アプリケーション ロジックオブジェクト

責務駆動設計のステレオロールタイプでいうサービス役ですね。 * ビジネスロジックオブジェクト * アルゴリズムオブジェクト